カート マイページ ご利用案内 お問合せ サイトマップ
 

揃えておきたい定番のドレスシューズ

◉ 揃えておきたい定番のドレスシューズ

男性にとって、冠婚葬祭やビジネスに限らず、友人との遊びの場にも活躍する便利な“ドレスシューズ”。
一般にビジネスシーンで使われることの多い定番の形状は「プレーントゥ」「ストレートチップ」「ウィングチップ」の3つです。

定番とはいえ、どれか1つ持っていれば問題ないということではなく、多くの方は場面に応じて使い分けをしています。また、毎日履き続けると靴へのダメージは大きく、1日置きに使い分けるのが望ましいという意見もあります。

定番の3つはどのように違い、どのように使い分けられているのか、簡単に紹介いたします。

◎ プレーントゥ

揃えておきたい定番のドレスシューズ

プレーントゥは“靴の基本形”ともいわれるデザイン。
一枚の革で作られたつま先に飾りのないシューズで、フォーマルな場面にはもちろんカジュアルな場面にも合わせやすい一足となります。

幅広く活躍するため、一足を履き回ししたいとお考えの方には最適です。
他のドレスシューズだと印象が堅くなるような服装でも、プレーントゥの靴に変えるだけで印象が柔らかくなる場合もあり、一足持っているだけで服装の幅を広げます。

◎ ストレートチップ

揃えておきたい定番のドレスシューズ

ストレートチップはトゥに横一文字のラインが入ったデザイン。
黒でストレートチップ、更に内羽根の形式だとフォーマルの度合いが高まり、冠婚葬祭で使われる頻度が高くなります。一足持っていると突然の場面でも安心です。

一般にビジネスシューズだと外羽根の形式の靴が多いため、同じストレートチップでも、ビジネス用と冠婚葬祭用で一足ずつ持っている方も少なくありません。

◎ ウィングチップ

揃えておきたい定番のドレスシューズ

ウィングチップはW字形の切替、飾り穴など、靴の爪先部に様々な飾りが施したデザイン。カジュアルシーンで活躍することが多いデザインとなります。ビジネススタイルに合わせられますが、カジュアルすぎる印象を与えることも少なくないため、特に色の合わせ方にはご注意ください。

また、上記の「プレーントゥ」と「ストレートチップ」と違い、フォーマルな場にはあまり向いていません。その分、ジャケットスタイル、パーティーシーンへの相性は抜群に良く、ファッショナブルな印象になります。

他にもVチップやUチップなど、様々な形状のシューズがあります。TPO合わせて適宜使い分けると、より良い印象につながることでしょう。
REUNIONでは、人気メンズシューズブランドチャーチオールデンなどのドレスシューズを取り揃えております。また、ドレスシューズ以外にも、ジャケットやパンツ、シャツやニット・カットソーなど、様々なメンズブランドアイテムを豊富に取り揃えております。おしゃれ革靴をお探しの男性の方は、どうぞご利用くださいませ。

ページトップへ